ダージリンティーとは

困ったらダージリンティーのサイトに頼ろう!

困ったらダージリンティーのサイトに頼ろう!メインイメージ
ダージリンティーについてです。収穫する時期によって茶葉に違いがあるのですが、どの時期も香りはとても良いのでリラックス効果を期待する人におすすめです。
ダージリンティーとは

紅茶にはダージリンティーやアールグレイ、アッサムなどの種類がありますが、ダージリンティーとはどのような紅茶なのでしょう。

ダージリンティーは、インドのダージリン地方で栽培される紅茶のことです。

夜間と昼間の寒暖差で発生する霧が独特の味と香りを作り出しており、世界三大紅茶のうちの一つです。

ダージリンティーは、紅茶のシャンペンとも言われています。

紅茶の色はそれほど濃くないのですが、香りがとても良いのです。

3月から11月頃までが生産期となっていて、時期によって味と香りは違ってきます。

3月から4月に摘むのが、ファーストフラッシュと言われ、新芽の状態で収穫されます。

あまりたくさん収穫できないので貴重な茶葉となり、高値で取引されるものです。

5月から6月に摘むのはセカンドフラッシュと言われ、味や香り、コクも一番いい状態で最高級品のダージリンティーだと言われます。

香りはマスカットフレーバーと呼ばれるとてもさわやかな香りです。

これまでのダージリンティーはストレートで飲むのがおすすめですが、10月から11月に摘む秋摘みと言われる茶葉は、厚みがあってしっかりしており、味には渋みが加わります。

紅茶の色も少し濃くなるので、ミルクティーで飲むとおいしく飲めます。

紅茶の香りは、ストレス解消の効果があると言われているので、このような香り豊かな紅茶をゆっくりと飲めば効果が期待できそうですね。